人気ブログランキング |

韓国旅行4(洋館&屋台編)

ビビンパの昼食後は、建物見物。


ソウルには、日本統治下時代に建てられた建物がいくつか残っています。
その一つが、1912年建築の旧朝鮮銀行本店(現在は貨幣金融博物館)です。

d0054855_23164052.jpg


東京駅の建築家で知られる辰野金吾(辰野葛西建築事務所)の設計です。
どっしりした玄関ポーチと、スロープ状の車寄せ。

d0054855_23262686.jpgd0054855_23265050.jpg















両翼にドーム屋根を戴いているので、中央部の屋根上は控えめに、しかし軒の装飾は手抜かりなく造り込まれています。
窓枠は、銀行らしくガッシリとした柵状です。
貨幣金融博物館ということで館内は見学できますが、撮影は禁止。
やはり、銀行らしいというか辰野金吾らしい吹き抜けの大空間でした。





次の建物との間に、有名な南大門市場(ナンデムンシジャン)がありました。

d0054855_23343875.jpg日本でいうと、アメ横みたいな感じでしょうか。
洋服屋を中心に、食料品から雑貨から、ゴチャゴチャと軒を連ねていました。
ただ、オシャレな明洞とは対照的に、雰囲気的には安売り系のようで、あまり買いたいようなものはなかったです。










お次の建物は韓国建築、南大門(ナンデムン)。
城壁の東西南北4門の中でも正門だった門で、1398年に建てられたそうです。
当時の衛兵の姿を模したような人が、門の前に立っていました。

d0054855_2343022.jpg


南大門からもう少し歩くと、1日目にKTXに乗ったソウル駅があります。
現在は機能的で近代的な建物が使われていますが、その傍らに旧京城駅舎があります。

d0054855_23465589.jpg


レンガ造りで東京駅風の建物は、塚本靖の設計。
小さな尖塔の間をアーチでつないでいるのは、大阪市中央公会堂に似ている感じですね。

d0054855_23544899.jpgd0054855_2355694.jpg
















中央の凸部に至る角をアーチ状に張り出させて、ドーム状の屋根とイメージを揃えているのでしょうか。 正面入口は支柱のあるポーチではなくて、張り出した軒でしたが、朝は夜露をしのぐ方々が・・・。 ちなみに午後は逆光気味だったので、写真は翌朝撮り直したものです。
アーチを見上げたところ。 いい眺めです。

d0054855_2248810.jpg


いいお天気で気温も高めだったので、少々バテ気味。
駅のコンコースを見下ろす喫茶店で一服。

d0054855_22544327.jpgd0054855_22545984.jpg









そして、駅直結のロッテマートで韓国のりやらコチュジャンやら、生活感のあるのお土産を購入。 やはり、海外に行ったら、スーパーで買い物しないと。


ホテルに荷物を置いた後は、夕食を求めて再び出動。
昼間見た南大門に対して、こちらは東大門(トンデムン)。
こちらは南大門と違って古くなく、1869年の再建とのこと。

d0054855_22573578.jpgd0054855_22574996.jpg









少し歩くとあるのが、広蔵市場(読み方不明)。
昼間はただのアーケード街なのかも知れませんが、夕方になると大屋台街に。

d0054855_2342718.jpg


お店の数、お客さんの数、スゴイです。
腸詰めや豚足、トッポギやキムパブ、刺身など様々なつまみを肴に、話が弾んでいるようでした(何を話しているのかサッパリわかりませんが・・・)。

d0054855_2351210.jpg


ただし、飲んでいるのは20度のチャミスル(焼酎)をストレートで。
屋台に冷蔵設備がないのか、ビールを飲んでいる人は皆無。

飲むのは諦めて、チヂミをいただきました。
日本で食べるチヂミは、日本人の好みを表してお好み焼き風というか、薄くてしっとりしているものが多いように思いますが、半ば揚げているほど油たっぷりで焼いていました。

d0054855_2391944.jpg


生地もその場で挽きながら練っていました。
出てきたのがこちら。 1枚4,000W(=500円)。

d0054855_23115967.jpgd0054855_23121796.jpg









ボリューム満点で、味が単調なこともあって、1人では半分がいいところ。
腸詰め、豚足に物怖じせず、チヂミやじゃない屋台にすれば良かったか。
残りはアルミホイルに包んでお土産に持たせてくれました。

屋台では飲めなかったので、部屋に帰ってキムパブ(海苔巻き)とビールで一杯。

d0054855_23214718.jpg


この日もよく歩いたので、よく寝られました。


(まだ続く、苦笑)
トラックバックURL : https://okuruma.exblog.jp/tb/5738579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ROY at 2007-07-04 23:44 x
またビールか!しかも銘柄が毎回違う!・・・は、さておき、旧ソウル駅などおクルマさんの活動の対象になる建物はいくつかあると思いますが、台北と比べて質・量の面で違いはあるんでしょうかね?(とさりげなくおクルマさんの次の目的地をそそのかして見たり・・・)旅先での普通のスーパーでの買い物の件は同意します。
Commented by COOPER99 at 2007-07-05 19:54
20度の焼酎ならストレートでしょ、グビグビ呑んでみたいなぁ。(笑)
同じく、土産屋や免税店よりスーパーのが安かったりするからねぇ。
Commented by okuruma1970 at 2007-07-06 23:40
>>ROYさん
たまたま出てきたり手にしたビールが違っただけですよ。
建物的には、以前より懸案の通り、ソウルより台北の方が宝庫と思われます。
スーパーって、庶民的なものが売られているので、感覚に合いますね。

>>COOPER99さん
韓国の屋台では、チャミスルをストレートが普通でしたが、日本酒と思えば、日本でも一緒なのかなぁ。
私は5%専門です(笑)。
同じチャミスルも、空港なら1本が、スーパーなら1ダース買えたりして(課税対象ですが)。
Commented by iza at 2007-07-07 08:43 x
ソウルはとっても昭和でなぜか懐かしさがある好きな街です。
オフィス街でも、野菜つんだ車は走るし裏山でしょっちゅうお祭りしているし食べ物おいしいし。
もっともご期待通り、昼からマッコリ(自家製どぶろくのドンドンジーのほうがワタシは好きだ)の毎日でした。
Commented by boxster8 at 2007-07-08 03:35
okurumaさん、こんばんは。
スキン模様替えされたのですね、かわいくってほのぼの。
旅行記ともあっていますよ。

さて、韓国へ行かれてたのですね。
わたしの会社、本年の社員旅行が韓国だと聞いていますので興味津々隅々まで見させていただきました。
(唐辛子の量ハンパなくすごいですね)
Commented by okuruma1970 at 2007-07-08 18:11
>>izaさん
確かに、ところどころ昭和の匂いがする光景を見ました。
チャミスルだけでなく、マッコリも有名ですよね。
飲めるizaさんなら、納得です。

>>boxster8さん
復活おめでとうございます。
韓国旅行はツアーに参加されるのでしょうか、会社でオーダーされるのでしょうか。
後者であれば、現地の雰囲気が感じられるスポットを入れてもらうと、楽しめるのかも知れませんね。
いずれにしても、社員旅行が楽しみですね。
Commented at 2008-04-02 13:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by okuruma1970 at 2008-04-05 23:50
>>鍵コメさん
ご覧いただき、ありがとうございます。
もう少し全貌が見えてから、登録させていただきたいと思います。
楽しみにしています。
Commented by ユートラベルノート at 2008-09-03 17:51 x
okuruma1970様
こんにちは、ユートラベルノートです。
お陰様でこの度、ユートラベルノートのサイトがリニューアルオープンいたしました。
ユートラベルノートの旅行ノートは誰でも簡単に作成、編集が可能で、各ノートに関連したブログ内容をお持ちでしたら、「ブログレビュー」に直接リンクを貼り付けることができ、多くの人々が閲覧し、参考にすることができます。

www.utravelnote.com
ユートラベルノートでは韓国のホテル予約以外にも割引クーポン、お店の予約、現地ツアーの予約、公演の予約など旅行に必要な多彩なサービスを展開し、韓国以外にも日本国内、全世界の様々な情報を提供していく予定ですので、今後ともよろしくお願い致します。
by okuruma1970 | 2007-06-24 23:15 |  韓国 | Trackback | Comments(9)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970