2008年 09月 22日 ( 1 )

台湾旅行2日目は、ツアーに組み込まれていた観光案内でした。
ちょっと不便そうな郊外の街並みを見たいと相方が言うので、ちょうどいいということもあってツアーにしたのですが、お約束のお買い物ポイント満載でした(苦笑)。


朝からツアーバスで行ったのは、台北郊外の九份(きゅうふん)。
九份は山間の小さな集落ですが、日本統治中に金鉱山で栄えた(欧米人捕虜に強制労働させていたとか)ようで、ここはその商店街だったようです。
とはいえ、悪くいえば金比羅様の参道両脇に並ぶおみやげ屋、良くいえばフランス・モン・サン・ミシェルに至る参道のようなイメージです。 寺社はないようですが・・・。

d0054855_10335780.jpg


ジブリ映画のモチーフになった建物や街並みというのは日本各地で聞きますが、この九份の街並みも「千と千尋の神隠し」のモチーフになったらしいです。
そう書いている私は、「千と千尋の神隠し」を見たことがないのですが・・・。

d0054855_1048441.jpgd0054855_10483168.jpg

















それほど見るものがあるわけでも、広い街でもないので、お茶屋で一服。
海を望むテラス席もありましたが、アンティークな板の間に火鉢付きの席で戴きました。

d0054855_1113126.jpg


飲み方はちょっとぎこちない日本語の店員さんが教えてくれますが、だいたい上海や北京のツアーで聞いた通り、急須や茶碗は温めた上で、一杯目のお茶は捨てて二杯目から飲みます。
凍頂烏龍茶をいただきましたが、雰囲気もあって飲みやすくおいしかったです。


台北市内に戻って昼食だったのですが、撮る間もなく各々が箸を付けたため、撮れずしまい。
まぁ混成ツアーでは仕方がないですね。

台北市内では(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2008-09-22 22:20 |  中国・台湾 | Trackback | Comments(0)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970