人気ブログランキング |

2018年 06月 04日 ( 1 )

306の故障修理

間もなく購入から21年が経とうとする306ですが、カーポート倒壊以降は大きな故障もなく、気になる車も、そもそも先立つものもないので、今後も乗り続けるために修理というかメンテナンスをしました。

元々、修理する予定だったのは、左リアのパワーウインドウとクーラーでした。

パワーウインドウは、2016年12月に受けた車検の時点で動かなくなっていたのですが、新品部品はもちろんのこと、中古部品もすぐには見つからず、見つかったら修理ということにしていました。
モーター回転でワイヤーを巻いたりしてガラス窓を上げ下げする、レギュレーターという部品が、ワイヤーが絡まってしまい、窓を上げ下げできなくなっていたようです。
中古部品が見つかり、無事交換して直りました(2回目ぐらい?)。
d0054855_23192880.jpg

もう一つは、クーラーで、フロンガスが少しずつ抜けていくのは仕方がないので、定期的なガスチャージでしのぐとして、去年6月にガスを入れても、圧力スイッチがダメとかですんなりとは動きませんでした。
圧力スイッチ回路を直結する技を教えてもらい、去年の夏は乗り切りました。
d0054855_23365289.jpg

レギュレーターとともに圧力スイッチも中古部品を探してもらい、交換してもらいましたが、それだけでは直らず、コンピューターのエアコン制御部分もダメになっていたらしく、制御を介さずスイッチ直結で入切できるように改造してもらいました。
d0054855_23403129.jpg
(オートプロのFacebookより引用)





修理したのは(More)
by okuruma1970 | 2018-06-04 01:21 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(4)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970