先週末、8月5日から7日までの2泊3日で、秋田に行ってきました。
息子が2歳のときから、毎年秋に義父母孝行の三世代旅行に行っていて、2歳のときは北陸へ、3歳のときは長崎へ、4歳のときは北関東へ行きましたが、今年は夏にしました。

東京駅で、E6系こまち号とE5系はやぶさ号と連結した部分で記念写真。
東北新幹線はやぶさ号には今春乗せましたが、秋田新幹線こまち号に乗りたいという息子の希望をかなえた形です。
d0054855_11144284.jpg

新幹線の車内では、お約束のアイスクリーム。
東京駅9時発のこまち号でしたが、東京駅で選んで買った駅弁を、11時半過ぎに盛岡駅を出たところで食べました。
d0054855_11151371.jpg
d0054855_11162698.jpg

息子はシンカリオン弁当(中身はチキン弁当と同じ)、私は豚丼弁当。
d0054855_11182667.jpg




男鹿では(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2018-08-12 11:12 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(3)

鶴岡の洋館探訪

6月下旬の土曜日に、鶴岡市の洋館を見て回りました。

以前よくやった「出張ついでに」みたいなものですが、前日は秋田で仕事を終えて、翌朝早い普通列車で酒田へ。
秋田から新潟への上り朝一番の特急いなほ号が10時過ぎなんて・・・。
酒田駅でディーゼルカーの普通列車に乗り換えて、鶴岡市郊外の羽前大山駅へ。
d0054855_20155327.jpg

昭和30年代の大合併で鶴岡市に編入されましたが、それ以前は大山町という独立した自治体だったようで、立派な旧警察署が残っていました。
旧鶴岡警察署大山分署として明治19(1895)年に建てられ、登録有形文化財となった今でも、安良町公民館として地元住民に使われています。
真っ白な下見板張りに、玄関上バルコニーにも屋根を付けたスタイルで、バルコニーも含めた縦柱を淡い水色に塗ってほんのり引き立てつつ、その上の破風には金に輝く菊の紋章がはめ込まれています。
d0054855_20163568.jpg

警察署前から路地に入っていくと、大山尋常高等小学校として明治35(1911)年に建てられた新民館(大山小学校同窓会館)が残っています。
ペンキは塗られておらず、日本瓦葺きなので和風にも見えますが、下見板張りで正面中央に屋根付きバルコニーを設けた洋風建築にも見えます。
バルコニーの欄干がそろばんのように見えるところは和風ですが、1・2階とも引き違い窓の上には高窓が設けられ、採光に気を配っていたと考えられます。
元は左右に幅が広い建物だったようですが、小学校敷地内で現位置に曳家されるに当たり、中央部だけが保存されたようです。
d0054855_20174197.jpg





鶴岡駅に戻って(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2018-07-07 07:00 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(2)

大井川鐡道(後編)

6月上旬の土曜日に、新潟勤務時代の元同僚と大井川鐡道へ行き、井川線の(暫定)終点の閑蔵駅まで行って、バスで千頭駅まで戻ってきた前編の続きです。

千頭駅ではトーマスフェア(有料500円)が行なわれており、パーシー(緑色のSL)やヒロ(黒いSL)が展示されていました。
ちなみに、ヒロは比較的最近(2010年とか)追加されたキャラクターで、日本のD51がモデルのようです。
戦時中、日本のSLが軍事輸送のためにアジア圏に送られたという話は聞きますが、イギリスに渡って使われたという話は聞いたことはないので、日本でのトーマス人気にあやかって、ストーリーに加えたのかなと思います。
d0054855_16153525.jpg

また、ラスティーというディーゼル機関車が引っ張って構内運転する貨車に乗ることもできるようです。
私も、息子にテレビ番組を見せるようになって40年位ぶりに見たようなもので、私が子供の頃は邦題『汽車のえほん』というタイトルで、トーマスはその1キャラクターだったようです。
その頃、私が好きだったのは、トビーという路面蒸気機関車でした(昔から天邪鬼全開、苦笑)。
d0054855_16154194.jpg





乗った列車は(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2018-06-23 07:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)

大井川鐡道(前編)

今週末の土曜日、大井川鐵道へ行ってきました。
新潟勤務時代の同僚とは、新潟にいたときはもちろん、東京に戻ってきてからも何度か一緒に出掛けていますが、『大井川鐵道に行くんですが、一緒に行きませんか』、と10日ほど前に連絡があり、たまたま相方が休みで子守りを任せられたので、行くことができたのでした。


東京駅を朝6時半発のこだま号で静岡まで。
元同僚は新潟から前日に上京していて、前夜も久々に一緒に飲んでいたので、早朝出発は少々堪えました。
さすがに朝はノンアルコールで、お茶とおにぎり。
d0054855_16083186.jpg

静岡駅からは東海道線の各駅停車でさらに金谷駅まで。
前から3両は25~30年選手の211系でしたが、乗った後ろ3両は5~15年選手の新しい313系でした。
d0054855_16092361.jpg

金谷駅から、大井川鐡道で1駅の新金谷駅へ。
新金谷駅舎は大井川鐡道の本社を兼ねており、下見板張りの建物は大正15(1925)年の建築。
正面右手の窓枠はアルミサッシに取り替えられていますが、左手の上げ下げ窓は木枠の古いものでした。
d0054855_16093088.jpg





新金谷では(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2018-06-10 23:47 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)

306の故障修理

間もなく購入から21年が経とうとする306ですが、カーポート倒壊以降は大きな故障もなく、気になる車も、そもそも先立つものもないので、今後も乗り続けるために修理というかメンテナンスをしました。

元々、修理する予定だったのは、左リアのパワーウインドウとクーラーでした。

パワーウインドウは、2016年12月に受けた車検の時点で動かなくなっていたのですが、新品部品はもちろんのこと、中古部品もすぐには見つからず、見つかったら修理ということにしていました。
モーター回転でワイヤーを巻いたりしてガラス窓を上げ下げする、レギュレーターという部品が、ワイヤーが絡まってしまい、窓を上げ下げできなくなっていたようです。
中古部品が見つかり、無事交換して直りました(2回目ぐらい?)。
d0054855_23192880.jpg

もう一つは、クーラーで、フロンガスが少しずつ抜けていくのは仕方がないので、定期的なガスチャージでしのぐとして、去年6月にガスを入れても、圧力スイッチがダメとかですんなりとは動きませんでした。
圧力スイッチ回路を直結する技を教えてもらい、去年の夏は乗り切りました。
d0054855_23365289.jpg

レギュレーターとともに圧力スイッチも中古部品を探してもらい、交換してもらいましたが、それだけでは直らず、コンピューターのエアコン制御部分もダメになっていたらしく、制御を介さずスイッチ直結で入切できるように改造してもらいました。
d0054855_23403129.jpg
(オートプロのFacebookより引用)





修理したのは(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2018-06-04 01:21 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(4)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970