人気ブログランキング |

カテゴリ:306Cabriolet( 41 )

306冬眠から覚める

1月から別の楽しみ(笑)に掛かりっきりで、しばらく冬眠させていましたが、306をようやく覚めさせました。


実家で放置していた306Cabrioletですが、5月17日(金)に久々に乗ろうと洗車して乗り込もうとしたところ、まずキーレスエントリーからして効きませんでした・・・。
ということで、まずはJAFのお世話になりました。

d0054855_20415031.jpg


電圧計で測ったところ、1.9Vとか・・・(通常の12Vの1/6以下)。
よくよく考えてみたら、4カ月以上エンジンを掛けていませんでした。

ローターの錆は当然として、タイヤもご覧の通り少し潰れているような。
と思ったら、意外や空気圧はほとんど下がっていませんでした。
ピレリなら4ヶ月も放っておくと真円度が戻らなくなるんですが、5年半以上経ったミシュランでも、高速に乗ってもハンドルのブレはなかったです。

d0054855_2045564.jpg


JAFに4ヶ月乗っていなかったことを話すと、「他に運転するご家族はいないんですか?」と言われましたが、実家はペーパードライバーばかりで、まして左マニュアルなんて運転できないと答えたところ、あきれ気味に「しばらく走って充電してください」と言われました。

首都高に乗り、回転数を高めに保って、ちょっとドライブ。
何十回と通り過ぎていた代々木PAに、初めて停まりました。

d0054855_2056446.jpg


1時間後(More)
by okuruma1970 | 2013-06-11 21:51 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(7)

15年目の車検

今年になってから気になる車を何台か試乗したものの、結局15年目の車検も通しました。


愛車プジョー306cabrioletを購入したのは、15年前の1997年7月。
それ以来、北は北海道の宗谷岬から南は鹿児島の佐多岬まで、沖縄以外の46都道府県を回り、約105,000km走りました。
写真は、今年のGWに瀬戸内海をバックに撮ったもの。

d0054855_20495979.jpg



約1年前に10万キロを越えて、車検を通す以前に、GW前に決めなければならなかったのが、タイミングベルトの交換でした。
前回タイミングベルトを換えたのは、約50,000km走った2001年9月で、それから約11年と約50,000km経ていました。

4月のスバルBRZまで一連の試乗をして、今回の車検前の買い換えは諦めたので、GW中の遠出を前にタイミングベルトを交換しました。
お願いしたのは、3年前のクーラー故障修理以来、お世話になっているオート・プロです。

内側にギザギザがあるのがタイミングベルト、外側のベルトはファンベルト。
亀裂等の劣化は特に見られず、危ない状態ではなかったようですが、10万キロを越えてから、いつか切れるんじゃないかと心配していたので、精神的に安心して走れるようになりました。

d0054855_2140328.jpg


タイミングベルトの交換に付き物なのが、ウォーターポンプの交換。
タイミングベルトで駆動して冷却水を循環させるポンプで、タイミングベルトを交換してテンションが高くなると、ウォーターポンプに負荷が掛かって水漏れにつながることが多いのだとか。
前回のタイミングベルト交換時にも交換していましたが、今回も併せて交換。

d0054855_21485440.jpg


これに加えて、クーラーガスの補充をしてもらいました。
2009年8月にガスチャージしてから2年ほどは効いていましたが、去年9月の新潟旅行から、また効きが悪くなったので、暑くなる前の再チャージでした。
しっかり直そうと思えば10万円コースらしく、何年乗るか?な車は、1年に一度、1万円+αでガスチャージする人も多いとか。

合わせて、105,378円でした。

 タイミングベルト交換(52,700円)
 ウォーターポンプ交換(23,400円)
 カム・クランクシール交換(9,600円)
 クーラーガスチャージ(14,660円)
 消費税(5,018円)

さて、車検は(More)
by okuruma1970 | 2012-06-23 20:41 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(7)
もう1週間経ってしまいましたが、先々週末の6/17(日)、フレンチ・フレンチ幕張に行ってきました。


フレンチ・フレンチとはフランス車の集まりで、フランス資本のスーパーだったカルフール(現在はイオンに看板換え)の駐車場で行なわれるイベントです。
1年半前は2CVに乗る友人にかこつけて、去年は207SWに乗る友人HF君にかこつけて、車なしで見に行きましたが、今回はたまたま車が千葉にあったので、初めて自分の車で参加しました。

金曜日に新潟から高速で戻ったままの泥だらけで、お恥ずかしい姿でした。
販売台数としても国内ではかなり売れたフランス車で、最盛期はフランス車イベントでかなりの台数を誇った306でしたが、今回は3台のみ。
数少なかったからか、こちらこちらで、ブログに取り上げていただいていました(笑)。

d0054855_2116052.jpg



今回も声をかけてくれたのは、以前はよく箱根に一緒に行っていた友人HF君。
今は207SW-GTi(5MT)に乗っていて、207オーナーのお友達と参加していました。

d0054855_22163413.jpg


参加していた車の数々(More)
by okuruma1970 | 2012-06-17 20:51 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(8)

東京モーターショー2011

おととい12月5日(月)に、モーターショーを見てきました。
たまたま午前中に人間ドックを受けて、午後はヒマだったもので・・・(笑)。


新木場駅のコインロッカーに新潟行きの荷物を預けて、りんかい線で国際展示場駅へ。
結果からいえば、平日の16時頃なら、ビッグサイト内でもコインロッカーは空いていました。
しかも、東京駅~ビッグサイト間に無料シャトルバスが運転されていました。

モーターショーは6年ぶり(6年前の様子はこちら)。
前回2年前は出展車(特に輸入車)が少ないという事前情報から、また4年前は結婚式前後の慌しさから、見に行きませんでした。
人間ドックの後、自宅でグダグダしてしまい、会場に着いたのは16時ごろ。
平日ということもあり、入り口はスイスイ。

d0054855_20264542.jpg


西館に入館して、まず目に入ったのは、この人だかり。

d0054855_20284753.jpg


今回のモーターショーの目玉(GT-Rや復活Zに比べればショボイ)、トヨタ86でした。
ビビッドなオレンジの展示車でしたが、見栄えはイマイチ?
とはいえ、今回の展示車の中では1・2を争う人だかりでした。

d0054855_20301013.jpg


他の展示車は(More)
by okuruma1970 | 2011-12-05 21:56 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(10)

14年10万キロ

その昔、自動車雑誌「NAVI」(2010年4月号で廃刊)に10年10万キロストーリーという記事が連載されていて、頭の隅で目標にしつつ乗っていましたが、我が306Cabrioletは10年から遅れること約4年で10万キロに達しました。


ちょっと前の話ですが、10万キロに達したのは6月22日、丸14年に達したのは7月3日でした。

d0054855_11471618.jpg


306Cabrioletは、約14年前の1997年7月に新車で購入しました。
その年の9月には北海道へ、また11月には九州へ遠出して、計1万キロを稼いだおかげで、最初の1年は約21,000kmも乗りました。
その後はだいたい年7〜8,000kmぐらいで推移して、8年間で7万5千キロ。
並行してBoxsterを所有していた3年間は年3,000kmほどしか乗らず、11年間で8万5千キロ。
そしてこの3年間は年5,000kmほど乗って、10万キロに達したのでした。

今年のGWには宮崎まで行って、7日間で3,700kmも走るなど、そこそこ好調です。
先日は、後輩のホンダBeatと弥彦山へドライブへ行ったりしました。

d0054855_12391388.jpg



13年を越えた今年から自動車税は10%加算されるようになり、また本格的な夏を前にエアコンがまた効かなくなったようなのですが、少なくとも来年の車検までは、だましだまし乗っていきたいと思います。

とはいえ、来年の車検までと思い始めて早6年。
特に欲しい車もないので、その先もダラダラ乗り続けるような・・・(笑)。
その実、14年も乗っていると体に合っているというか、けっこう気に入っているんです。
by okuruma1970 | 2011-07-03 11:15 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(3)

306パワステ修理

11月21日のFFE(フレンチ・フレンチ・イースト)に306で参加し損ねたときに、306のパワステが故障したと書きましたが、年内に修理しました。


新潟の寮の駐車場で車庫入れ中に、急にハンドルが重くなり、駐車場の枠にまっすぐ駐めることができなくなってしまいました。
エンジンは掛かっていて、ハンドルも切れなくはないので、多分パワステの故障だろうなぁ、と思ったのでした。

パワステが利かない状態で市街を走るのは怖かったので、50kmまでレッカー無料という自動車保険の特約を使って(JAF会員でもありますが、JAFのレッカー無料は15kmまで)、仕事が終わった時間に寮まで来てもらい、ディーラーに運んでもらいました。
(古い携帯で撮ったので、粗いですが・・・)

d0054855_1273171.jpg



1日2日して、ディーラーから連絡がありました。
 ・パワステオイルの漏れはない(一番多いらしい)。
 ・まず考えられるのは、ハンドルの切る方向に応じてアシストする向きを切り替える
  パワーコントロールバルブの故障。
 ・次に考えられるのは、パワステポンプの故障。
 ・どちらが故障しているかは、部品交換してみないとわからない。
 ・パワーコントロールバルブは、ステアリングラックASSY(20万円)に
  含まれているが、国内に(左ハンドル用ということらしい)在庫はない。

パワステポンプだけなら取り替えられるが、壊れている可能性が高いパワーコントロールバルブは部品の在庫がなく取り替えられない、つまり修理できないということでした。

この、とある地方ディーラーには、以前もクーラーが効かない原因をコンプレッサー故障(実はただのガス抜け)と見立てられたので、正直あまり期待していませんでしたが、今回も予想通りでした。
別の県のディーラーでは並行輸入車は基本的に受け付けていないと明言されたことがありましたが、このディーラーでは表立って言わないものの、暗にそう言っているのでしょうね。

d0054855_12414635.jpg


どうやって直したか(More)
by okuruma1970 | 2010-12-19 21:33 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(9)
11/21(日)に、フレンチ・フレンチ幕張に行ってきました。


年に一度のフランス車の大イベントといえば、フレンチ・ブルー・ミーティング(FBM)ですが、それに次ぐ規模で、フレンチ・フレンチというミーティングが関東・中部・関西で行われています。
関東では、このところイオン幕張(旧カルフール幕張)で行なわれていますが、私は週末は千葉県北西部にいるので、ご近所ということで顔を出してみました。

イオンの開店時間10時ごろに着くと、すでに変わった車ばかり。

新しい車では、ルノー・ルーテシアRS(マイチェン後)が4色。
昨秋、日本にも導入され、各メディアで絶賛されているものの、国内の人身事故対策規制(エンジンとボンネットのクリアランス?)がクリアできず、在庫限りの販売というのが非常に残念です。

d0054855_23573613.jpg


シトロエンC3プルリエルなんて希少車も、数台集まっていました。
骨を外したら幌も掛けられない超割り切りコンセプトですが、骨はリアシートに積んで置けるようですね。

d0054855_024329.jpg


アルピーヌもV6系も数台。 A610はカッコいいなぁ。

d0054855_051437.jpg


More
by okuruma1970 | 2010-11-21 15:12 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(5)

箱根朝駆け2

うどんとかき氷ドライブの翌週末、今度は箱根朝駆けに行ってきました。
オフ会故障修理ドライブに続いて、朝駆けと、306Cabrioletネタが4連チャンなんて、初めてですね。


例によって、東名高速→小田原厚木道路→箱根新道で大観山へ。
箱根新道は無料化実験でタダでしたが、今までの3倍ぐらい混んでいました。
大観山に着くと、霧。

d0054855_22331976.jpg


全く見えなくなるほどではありませんでしたが、2・3本走っていると晴れてきました。
車はおしりを見せていますが、富士山も見えてきました。
いつものHF君(207SW GTi)とです。

d0054855_22341742.jpg


久々に見る富士山、いいですねぇ。
今は雪が全て溶けていますが、また10月ぐらいになると、冠雪するのかな。

d0054855_22352054.jpg


芦ノ湖スカイラインでは(More)
by okuruma1970 | 2010-08-28 19:08 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(5)

うどんとかき氷ドライブ

電動ファンの修理が終わり、306で久々にドライブに行ってきました。


三郷南から外環道に乗り、関越道で渋川伊香保へ。
渋川伊香保で降りてうどんといえば、水沢うどんです。
水澤観音の門前で、地元産の小麦と湧水とで作られ、振る舞われたうどんが起源のようです。

向かったのは、大澤屋

d0054855_12174686.jpg


水澤うどんの各店は、どこも観光バスの団体客にも対応できるような大型店のようで、こちらもご多分に漏れずの大型店でしたが、人気店のようで美味しかったです。
いただいたのは、舞茸天ぷら付の大盛りざるうどんセットに、ごま汁を追加。
サクサクの天ぷらに、腰があるシコシコうどんで、美味しかったです。

d0054855_1225757.jpg


その先は(More)
by okuruma1970 | 2010-08-23 23:08 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(5)

306の故障修理

8月15日に行なわれた306 Cabriolet meetingの帰り道に、周囲の人が振り向くほどのギャギャギャギャというような異音が鳴り、修理をしていました。


異音自体は、7月頃から鳴り始めました。
13年目の車検を6月に通して、新潟に乗っていったのですが、その後、前の方からときどきキュルキュル音が聞こえるようになりました。
覗いてみたところ、ラジエターに2つ付いている電動ファンのどちらか(両方?)から鳴っているようなのはわかりました。

d0054855_12264935.jpg


お盆休みの時期に東京に乗って帰って、点検か修理に出そうと考えて、8月13日の夜に東京に乗って帰り、お盆明けの8月21日の週末に修理に出すつもりでした。

そして、8月15日に306 Cabriolet meeting参加の帰り道、横浜の街を走っていたところ、段差を越えた瞬間、ギャギャギャギャという大きな音が交差点に鳴り響きました。
よく覗き込むと、モーターの軸が空回りして、羽根は回っていませんでした。
ボンネットを開けて水温を下げ、電動ファンが止まったところでドライバーで回そうと試みましたが、ネジは締まりも緩みもしない。

クーラーをつければもう一つの電動ファンは回り、30度以上の酷暑でも、幸い水温計がレッドゾーンまで行かなそうなのと、帰り道の第三京浜は渋滞しておらず、ゆっくり走れば水温が下げられそうなので、だましだまし走って帰ることにしました。
ユルユルと30km/hほどで走り、異音が鳴る度にいったんエンジンを切って、またエンジン始動を繰り返すこと何度か、何とか第三京浜に乗り、都内へ戻りました。
プジョーの世田谷サービスポイントに電話をかけたところ、お盆最中でも受付しているとのことで、都内もユルユル走り、何とか預けてきました。

d0054855_1245111.jpg




3日後ぐらいに修理完了と電話があり、8月21日に引き取りに行ってきました。

d0054855_12432747.jpg


羽根込みのファンユニットだと思っていましたが、見せてもらった交換部品は、羽根を止めるネジが折られたモーターでした。
ネジが折れていたみたいですねぇ、とディーラーでは聞いて帰ってきましたが、書きながらよくよく考えてみると、交換のために折ったんだろうし、原因は他にあるはずなんだよなぁ。
もう一度聞いてみようかな。

d0054855_12462633.jpg


本当は電動ファン2つとも(水温上昇用とエアコン用)の交換を勧められましたが、7・8年目までならともかく、13年も経った車の修理にお金はかけたくなかったので、とりあえず壊れた1つだけ。

ちなみに費用は、モーターが24,400円、故障調査が3,150円、交換工賃が4,200円で、合計31,750円でした。


加えて、他もサッと点検してくれたらしく、エンジンの回転をファンベルトに伝えるクランクプーリーの緩衝ゴムに亀裂があり、空回りする恐れがあるので交換する必要がある、ということでした。
6月の車検時に言われたときは後回しにしましたが、今回はやむなく交換。

d0054855_13133838.jpg


ちなみに費用は、クランクプーリーが20,800円、交換工賃が10,500円で、合計31,300円。
肝心の電動ファン交換とほぼ同額でした(涙)。


サービスの方に、「左ハンドルのマニュアル車は珍しいので、大事に乗ってください。」と言われましたが、この車、営業の人に受けはあまり良くないですが、サービスやメカニックの方には受けがいいんですよねぇ。
次に欲しい車があればともかく、猛烈に欲しい車はない中で、修理を断念する境はいくらなんだろうか・・・。
20万円ぐらい?、30万円ぐらい?

合わせて63,050円しましたが、まぁ10万円しなかったので、良しとしましょう。
運転席側のドアミラーがグラグラになり、助手席後ろのパワーウインドウの動きが悪くなり、窓周りのウェザーストリップが劣化し、と手を掛けたいところはいくらでもあるのですが、お金を掛けないように、だましだまし乗り続けたいものです。
by okuruma1970 | 2010-08-22 18:18 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(7)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970