カテゴリ:国内旅行記( 140 )

子連れ高尾山

10月の三連休の中日に、息子と2人で高尾山に登ってきました。
平成21(2009)年10月に相方と登って以来、9年ぶり。


中央線の特別快速で高尾まで行き、京王線にひと駅だけ乗って高尾山口駅へ。
高尾山口駅から少し歩くと、高尾登山電鉄のケーブルカー清滝駅・リフト山麓駅があります。
d0054855_11593195.jpg


登山といいつつ、前回同様リフトで登りました。
三連休で好天ということもあり、リフト乗り場は30分の行列。
d0054855_11594968.jpg

息子は初リフトでしたが、怖がらずに上手に乗れました。
木々を眺めながら、お気楽登山。
d0054855_12010265.jpg





山上では(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2018-10-28 07:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(0)
金沢への出張前に、新高岡で途中下車して、万葉線と県営渡船で射水市の堀岡まで往復した前編の続きです。


万葉線で高岡市街まで戻り、坂下町で降りて市内散策。
高岡市の山町筋は重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、古い街並みが残っています。
もっとも、私の目的は、土蔵造りの蔵屋敷ではなくて、洋風な古い建物。

呉服店の牧野屋は一見すると土蔵造りの蔵屋敷ですが、窓周りをはじめとして壁一面に漆喰細工が施されており、かなりモダンな商店建築でした。
d0054855_00154460.jpg
d0054855_00155227.jpg


明治33(1900)年の大火後に当時の耐火建築であった土蔵造りで再建した建物が多い中で、ひときわ目を引く洋風建築は、文房具店を営んでいた谷道家住宅で、平成29(2017)年から山町ヴァレーという商業施設として活用されています。
昭和4(1929)年に建てられた木造3階建てで、2・3階の前面にはタイルが貼られています。
店内を抜けると、裏手には中庭があって、その奥には小ぶりな蔵が何棟か建っていて、それぞれテナントが入って、飲食店などとして営業していました。
d0054855_00160059.jpg




土蔵造りの蔵屋敷は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2018-10-20 07:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)
キャンプに行った休み明け、金沢へ出張に行ってきました。
今の職場になってから、遠出は久しぶりかも。

金沢出張といいながら、一つ手前の新高岡で下車。
出張ついでの、はじまりはじまり。
d0054855_23594716.jpg

新高岡駅は、高岡駅から少し離れていて、城端線で1駅。
ダイヤは新幹線との接続が考慮されていますが、黒部宇奈月温泉駅と同様、いったん駅を出て、道路を渡って乗り換える造りになっていました。
黒部宇奈月温泉駅と新黒部駅(富山地方鉄道)は別会社だから仕方がないとしても、新高岡駅は同じJR西日本なんだから、せめて道路を渡らずの乗り換える造りにできなかったものですかねぇ・・・。
d0054855_23595309.jpg





高岡では(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2018-10-06 10:43 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(0)

初キャンプ(乗り物編)

月4回投稿なんて、何年振りだろう(苦笑)。
ツインリンクもてぎ内のキャンプ場で息子に初めてキャンプを経験させて、同じ敷地内で森遊びをしたアウトドア編の続きです。


ツインリンクもてぎはサーキットを中心としたテーマパークで、ホンダが運営するだけあって、ホンダ・コレクション・ホールという博物館があります。
2棟続きの3階建てで、南棟は主に2輪車、北棟は主に4輪車が展示されていました。
d0054855_19443607.jpg


1階では、レースバイクに跨って記念撮影できる展示もありました。
背景にレースの写真が貼られ、それっぽく見えます(笑)。
d0054855_19444268.jpg




館内展示は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2018-09-29 07:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)
9月中旬の三連休前半に、初めてキャンプに行ってきました。


相方の友人夫婦とバーベキューをしたことはありましたが、子連れで泊まりがけのキャンプは初めて。
相方とキャンプしたことはなく、私自身も20年ぶりぐらい?
最初からテントを張って、食材を準備して、は大変なので、お手軽キャンプである「グランピング」できるキャンプ場を探して、初挑戦しました。

昼過ぎに自宅を出て、常磐道の守谷SAで遅めの昼食。
d0054855_19402959.jpg

夕食までそれほど時間もないので、メンチカツバーガーやおそばで軽めに。
d0054855_19395219.jpg





キャンプしたのは(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2018-09-22 07:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)
8月上旬に義父母と秋田へ行った三世代旅行で、男鹿半島でなまはげ体験をして泊まり、水族館を見て海鮮丼を食べた1・2日目の前編に続く、2・3日目の後編です。

秋田駅前の営業所でレンタカーを返して、2泊目のダイワロイネットホテル秋田へ。
d0054855_11035227.jpg


ホテルに荷物を置いて、少し街を散策。
秋田城址の濠跡一面に蓮が生い茂り、ちょうど花も咲いていました。
d0054855_11042235.jpg

前日の大雨の影響か少しひんやりしていましたが、秋田名物ババヘラアイスをペロペロ。
少しシャリシャリしたアイスで、薔薇のように盛り付けられています。
d0054855_11162186.jpg

ババヘラアイスの名前は、この薔薇のような盛り付けを、ババ(お婆さん)がヘラで盛り付けていくことから付けられたようです。
秋田県内では、お祭りの出店はもちろん、国道沿いでパラソルを立てて売っています。
d0054855_11162730.jpg






秋田市内では(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2018-08-06 22:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(0)
先週末、8月5日から7日までの2泊3日で、秋田に行ってきました。
息子が2歳のときから、毎年秋に義父母孝行の三世代旅行に行っていて、2歳のときは北陸へ、3歳のときは長崎へ、4歳のときは北関東へ行きましたが、今年は夏にしました。

東京駅で、E6系こまち号とE5系はやぶさ号と連結した部分で記念写真。
東北新幹線はやぶさ号には今春乗せましたが、秋田新幹線こまち号に乗りたいという息子の希望をかなえた形です。
d0054855_11144284.jpg

新幹線の車内では、お約束のアイスクリーム。
東京駅9時発のこまち号でしたが、東京駅で選んで買った駅弁を、11時半過ぎに盛岡駅を出たところで食べました。
d0054855_11151371.jpg
d0054855_11162698.jpg

息子はシンカリオン弁当(中身はチキン弁当と同じ)、私は豚丼弁当。
d0054855_11182667.jpg




男鹿では(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2018-08-05 22:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(4)

大井川鐡道(後編)

6月上旬の土曜日に、新潟勤務時代の元同僚と大井川鐡道へ行き、井川線の(暫定)終点の閑蔵駅まで行って、バスで千頭駅まで戻ってきた前編の続きです。

千頭駅ではトーマスフェア(有料500円)が行なわれており、パーシー(緑色のSL)やヒロ(黒いSL)が展示されていました。
ちなみに、ヒロは比較的最近(2010年とか)追加されたキャラクターで、日本のD51がモデルのようです。
戦時中、日本のSLが軍事輸送のためにアジア圏に送られたという話は聞きますが、イギリスに渡って使われたという話は聞いたことはないので、日本でのトーマス人気にあやかって、ストーリーに加えたのかなと思います。
d0054855_16153525.jpg

また、ラスティーというディーゼル機関車が引っ張って構内運転する貨車に乗ることもできるようです。
私も、息子にテレビ番組を見せるようになって40年位ぶりに見たようなもので、私が子供の頃は邦題『汽車のえほん』というタイトルで、トーマスはその1キャラクターだったようです。
その頃、私が好きだったのは、トビーという路面蒸気機関車でした(昔から天邪鬼全開、苦笑)。
d0054855_16154194.jpg





乗った列車は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2018-06-10 07:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)

大井川鐡道(前編)

今週末の土曜日、大井川鐵道へ行ってきました。
新潟勤務時代の同僚とは、新潟にいたときはもちろん、東京に戻ってきてからも何度か一緒に出掛けていますが、『大井川鐵道に行くんですが、一緒に行きませんか』、と10日ほど前に連絡があり、たまたま相方が休みで子守りを任せられたので、行くことができたのでした。


東京駅を朝6時半発のこだま号で静岡まで。
元同僚は新潟から前日に上京していて、前夜も久々に一緒に飲んでいたので、早朝出発は少々堪えました。
さすがに朝はノンアルコールで、お茶とおにぎり。
d0054855_16083186.jpg

静岡駅からは東海道線の各駅停車でさらに金谷駅まで。
前から3両は25~30年選手の211系でしたが、乗った後ろ3両は5~15年選手の新しい313系でした。
d0054855_16092361.jpg

金谷駅から、大井川鐡道で1駅の新金谷駅へ。
新金谷駅舎は大井川鐡道の本社を兼ねており、下見板張りの建物は大正15(1925)年の建築。
正面右手の窓枠はアルミサッシに取り替えられていますが、左手の上げ下げ窓は木枠の古いものでした。
d0054855_16093088.jpg





新金谷では(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2018-06-09 23:47 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)
勤労感謝の日の飛び石連休に義父母と行った三世代旅行で、鬼怒川温泉に泊まってSL大樹号に乗った栃木編の続きです。


鬼怒川温泉から群馬県北部に向かうには、春から初秋であれば金精峠でショートカットできますが、既にチェーン規制がかかっており、スタッドレスを履いていない関東のレンタカーでは無理なので、高速道路で遠回りしました。
日光宇都宮道路と東北自動車道を南下し、岩舟JCTから北関東自動車道に入り、高崎JCTから関越自動車道を北上して水上ICへ。


「道の駅みなかみ水紀行館」に着くと、宿の車が待っていました。
国道17号線沿いは11月下旬でも夏タイヤで問題ありませんでしたが、スキー場もある水上高原はすでに積雪しているため、迎えに来てもらったのでした。
d0054855_16265821.jpg


道の駅に車を置いて、宿の車に揺られること30分ほどで、奥利根温泉のホテルサンバードに到着。
こちらも義父が予約したのですが、こんなに山奥とは思わなかったとか。
d0054855_16233155.jpg


今季初めての雪に喜ぶ息子。
ピースは、手の甲の方をカメラに向けるんですよねぇ(笑)。
d0054855_16240184.jpg




夕食は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2017-11-25 23:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970