<   2008年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

11年目の車検

残った1台の車である306Cabrioletですが、納車から11年に先立って車検に出しました。
11年間の走行距離は、約84,000kmです。


新任地での生活移動手段として使うべく、布団やらテレビやらを運びがてら、既に新潟に乗って行っていたので、新潟のディーラーである県庁前のプジョー新潟にお願いしました。

d0054855_12471352.jpg


ちなみに1回目はブルーライオン秋田、2回目はブルーライオン杉並、3・4回目はブルーライオン仙川、5回目にして4軒と毎回のように違うディーラーにお願いしています。


車検の他にお願いしたのは、冷却水(クーラント)交換と、運転席のパワーウインドウ不調の修理でした。

点検の中で、エンジンオイルとブレーキフルード、エアフィルターとファンベルトの交換を勧められ、エンジンオイル以外は取り替えてもらうことにしました(エンジンオイルはカー用品店で)。

税金と自賠責を合わせて約20万円でしたが、パワーウインドウのユニット交換(約6万円)を差し引けば、前回前々回と大差ないと思われます。


<法定費用>
 自賠責保険(22,470円)+重量税(37,800円)+印紙代(1,100円)
  =  小計 61,370円
<整備費用>
 車検整備、完成検査、代行手数料(53,865円)+ブレーキフルード交換(4,200円)  
  +クーラント交換(8,610円)+エアフィルター交換(2,100円)
  +ファンベルト交換(8,715円)+発煙筒(630円)+ブレーキパーツ(2,100円)
  +パワーウインドウユニット交換(61,005円) = 小計 141,225円
<車検費用合計>
 法定費用小計(61,370円)+整備費用計(141,225円) = 合計 202,595円


下回り洗浄、塗装は、今までは特に言わなくても勝手にされていたのですが、よく見ると項目として挙がっていませんでした。 やった方が良かったのでしょうか。


一点、並行輸入車ということで、パワーウインドウのユニットが取り付かない可能性があるものの、取り寄せてしまうと返品できないので、了解(付かなくてもお金を払う)の上で取り寄せてもよろしいでしょうか、という話がありました。
ときどきこういった並行輸入車の面倒な点もありますが、結果取り付かなかったことはないので、何とかなるもんなのか、何とかしてもらっているのか、ともあれ不便はほとんど感じません。

d0054855_13424860.jpg


2年前の前回はBoxsterとの2台所有中で、通そうか手放そうかの葛藤も若干ありましたが、今回は全く迷いなく通しました。
2年後の車検のときに、新潟にいるのか東京近辺に戻っているのか、はたまた別の地方に行くのか、置き場が確保できるのか、家族が増えるのかというような環境の変化と、欲しいと思える車が現れるのか、大きな故障を起こさないか、によって乗り続けるかまた悩むことになるのかも知れません。

いずれにしても、また2年間この車であちこち回ってみたいと思います。
[PR]
by okuruma1970 | 2008-07-09 12:34 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(10)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970