<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

箱根朝駆け2

うどんとかき氷ドライブの翌週末、今度は箱根朝駆けに行ってきました。
オフ会故障修理ドライブに続いて、朝駆けと、306Cabrioletネタが4連チャンなんて、初めてですね。


例によって、東名高速→小田原厚木道路→箱根新道で大観山へ。
箱根新道は無料化実験でタダでしたが、今までの3倍ぐらい混んでいました。
大観山に着くと、霧。

d0054855_22331976.jpg


全く見えなくなるほどではありませんでしたが、2・3本走っていると晴れてきました。
車はおしりを見せていますが、富士山も見えてきました。
いつものHF君(207SW GTi)とです。

d0054855_22341742.jpg


久々に見る富士山、いいですねぇ。
今は雪が全て溶けていますが、また10月ぐらいになると、冠雪するのかな。

d0054855_22352054.jpg


芦ノ湖スカイラインでは(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2010-08-28 19:08 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(5)

うどんとかき氷ドライブ

電動ファンの修理が終わり、306で久々にドライブに行ってきました。


三郷南から外環道に乗り、関越道で渋川伊香保へ。
渋川伊香保で降りてうどんといえば、水沢うどんです。
水澤観音の門前で、地元産の小麦と湧水とで作られ、振る舞われたうどんが起源のようです。

向かったのは、大澤屋

d0054855_12174686.jpg


水澤うどんの各店は、どこも観光バスの団体客にも対応できるような大型店のようで、こちらもご多分に漏れずの大型店でしたが、人気店のようで美味しかったです。
いただいたのは、舞茸天ぷら付の大盛りざるうどんセットに、ごま汁を追加。
サクサクの天ぷらに、腰があるシコシコうどんで、美味しかったです。

d0054855_1225757.jpg


その先は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2010-08-23 23:08 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(5)

306の故障修理

8月15日に行なわれた306 Cabriolet meetingの帰り道に、周囲の人が振り向くほどのギャギャギャギャというような異音が鳴り、修理をしていました。


異音自体は、7月頃から鳴り始めました。
13年目の車検を6月に通して、新潟に乗っていったのですが、その後、前の方からときどきキュルキュル音が聞こえるようになりました。
覗いてみたところ、ラジエターに2つ付いている電動ファンのどちらか(両方?)から鳴っているようなのはわかりました。

d0054855_12264935.jpg


お盆休みの時期に東京に乗って帰って、点検か修理に出そうと考えて、8月13日の夜に東京に乗って帰り、お盆明けの8月21日の週末に修理に出すつもりでした。

そして、8月15日に306 Cabriolet meeting参加の帰り道、横浜の街を走っていたところ、段差を越えた瞬間、ギャギャギャギャという大きな音が交差点に鳴り響きました。
よく覗き込むと、モーターの軸が空回りして、羽根は回っていませんでした。
ボンネットを開けて水温を下げ、電動ファンが止まったところでドライバーで回そうと試みましたが、ネジは締まりも緩みもしない。

クーラーをつければもう一つの電動ファンは回り、30度以上の酷暑でも、幸い水温計がレッドゾーンまで行かなそうなのと、帰り道の第三京浜は渋滞しておらず、ゆっくり走れば水温が下げられそうなので、だましだまし走って帰ることにしました。
ユルユルと30km/hほどで走り、異音が鳴る度にいったんエンジンを切って、またエンジン始動を繰り返すこと何度か、何とか第三京浜に乗り、都内へ戻りました。
プジョーの世田谷サービスポイントに電話をかけたところ、お盆最中でも受付しているとのことで、都内もユルユル走り、何とか預けてきました。

d0054855_1245111.jpg




3日後ぐらいに修理完了と電話があり、8月21日に引き取りに行ってきました。

d0054855_12432747.jpg


羽根込みのファンユニットだと思っていましたが、見せてもらった交換部品は、羽根を止めるネジが折られたモーターでした。
ネジが折れていたみたいですねぇ、とディーラーでは聞いて帰ってきましたが、書きながらよくよく考えてみると、交換のために折ったんだろうし、原因は他にあるはずなんだよなぁ。
もう一度聞いてみようかな。

d0054855_12462633.jpg


本当は電動ファン2つとも(水温上昇用とエアコン用)の交換を勧められましたが、7・8年目までならともかく、13年も経った車の修理にお金はかけたくなかったので、とりあえず壊れた1つだけ。

ちなみに費用は、モーターが24,400円、故障調査が3,150円、交換工賃が4,200円で、合計31,750円でした。


加えて、他もサッと点検してくれたらしく、エンジンの回転をファンベルトに伝えるクランクプーリーの緩衝ゴムに亀裂があり、空回りする恐れがあるので交換する必要がある、ということでした。
6月の車検時に言われたときは後回しにしましたが、今回はやむなく交換。

d0054855_13133838.jpg


ちなみに費用は、クランクプーリーが20,800円、交換工賃が10,500円で、合計31,300円。
肝心の電動ファン交換とほぼ同額でした(涙)。


サービスの方に、「左ハンドルのマニュアル車は珍しいので、大事に乗ってください。」と言われましたが、この車、営業の人に受けはあまり良くないですが、サービスやメカニックの方には受けがいいんですよねぇ。
次に欲しい車があればともかく、猛烈に欲しい車はない中で、修理を断念する境はいくらなんだろうか・・・。
20万円ぐらい?、30万円ぐらい?

合わせて63,050円しましたが、まぁ10万円しなかったので、良しとしましょう。
運転席側のドアミラーがグラグラになり、助手席後ろのパワーウインドウの動きが悪くなり、窓周りのウェザーストリップが劣化し、と手を掛けたいところはいくらでもあるのですが、お金を掛けないように、だましだまし乗り続けたいものです。
[PR]
by okuruma1970 | 2010-08-22 18:18 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(7)
3月の箱根朝駆け以来、記事にしていなかった306Cabrioletですが、6月には13年目の車検を通し、新潟で通勤・お買い物にチョコチョコと乗っていました。

お盆期間は会社から支給されている新幹線回数券が使えないこともあり、車で帰京しようかなと思っていたところ、mixiの「306カブリオレ」コミュニティーで、8/15に横浜でミーティングを開催するというので、参加してきました。


会場は、横浜ベイブリッジスカイウォークの駐車場。
友人HF君の日記で存在自体は知っていたものの、行ったのは初めて。
でも来月(9/26)には閉鎖されるとか。

そんなことはさておき、集まったのは8台の306Cabriolet+α。

d0054855_2341270.jpg


型式としては、前期型N3Cが2台、後期型N5C(おクルマ号)が6台。
色では、プルーン3台、レフレックスグリーン2台、あとはサンダンスイエロー、コスモスグレー、ルシファーレッド(おクルマ号)が各1台。
正規輸入の右ハンドルATが6台、並行輸入の左ハンドルMT(おクルマ号)が2台。

d0054855_2351353.jpg


306Cabrioletのオフ会は、2002年11月に行われた蕪主総会以来、8年ぶりに参加しましたが、新車で買えた当時と違って、中古で入手された方々が主流派で、新車から乗っているのは私だけだったかも。

久々に306Cabrioletのオーナーさん達とお話をさせてもらいましたが、やはりメンテナンスで苦労されている方もいらっしゃいました。
987Boxsterと2台持ちをされている方もいらして、ビックリ。
また、長らく更新していないHPや当ブログを購入時の参考にご覧いただいたとお話しいただいて、うれしいやら、恥ずかしいやら・・・(笑)。

2時間ほど陽と風を浴びながら談笑し、さらにファミレスで昼食を食べながら続きも。

久々の306Cabrioletの勇姿。

d0054855_23593288.jpg



前述の蕪主総会を開催していた306cc(306Cabriole Owners Club)は、主要メンバーの方々が他車に乗り換えるなどして、活動が止まってしまってしまいましたが、306自体がちょっと古い車の域に入り、大事に乗っていくためにも、メンテナンスやパーツなどの情報交換ができる、こういう集まりが必要なんですね。
また第2回目も企画されているようですし、今後も参加できればなと思っています。


(私信)
幹事のa.k.a. naga-chanさん、ご参加の皆さん、お疲れさまでした。

そういえば車検は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2010-08-15 17:08 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(3)

一升瓶ビールで花火観覧

先週末、8月7日(土)には千葉市民花火大会が行われましたが、昨年同様見てきました。

ちょっと早めに行くと、夕焼けがキレイでした。

d0054855_9251939.jpg



2005年から見に来ていますが、今年は相方の友人nesanさんご一家と見に行きました。
元気な子供が2人。
我が家にはまだ子供はいませんが、5年後とかにこんなことできるか?

d0054855_9255974.jpg
d0054855_9264191.jpg


我が家のつまみは、いつもお総菜を買ってくるだけですが、今回のメインディッシュは、nesanさんお手製のお料理でした。
豪華! 美味しかった。

d0054855_928940.jpg


我々2人だと、花火が上がるまで飲み食いは我慢しているのですが、この日は半ば飲み会状態(苦笑)で、明るいうちから飲み食いを始めました。
飲み物はビールと缶チューハイ、ワインなど大量に買い揃えていきましたが、nesanさんが仕入れてきたのが、一升瓶ビール「感謝」
神奈川厚木市で地ビールを醸造しているサンクトガーレンのビールです。
酒瓶を抱えるnesanさん。 似合ってます。

d0054855_9324590.jpg


一升瓶だと冷たいうちに飲みきれるか、という考えは杞憂に終わり、あっという間に飲み干しました。
大手ビールと違って、ヨーロッパ系というか、香ばしくて濃い味で、結構気に入りました。

もちろん、黒ビールも。

d0054855_12275432.jpg



19時半になって、ようやく花火が打ち上がり始めました。
明るいうちから飲み食いを始めたので、かなり酔っぱらっていました(苦笑)。

d0054855_12295125.jpg


今年もコンデジで撮ったので、凝った写真は・・・。

d0054855_12303741.jpg


近くから打ち上がる花火は、音も振動もなかなかの迫力でした。
来年も相方に観覧券を仕入れてもらって(なくても見られますが)、また見に行きたいものです。

(私信)
nesanさん、お料理と一升瓶ビール、ごちそうさまでした。
また飲みに行きましょう。
[PR]
by okuruma1970 | 2010-08-07 23:01 | 酔いどれ記 | Trackback | Comments(2)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970