人気ブログランキング |

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

プジョーRCZ

またしばらく空いてしまいましたが、ネタがなかっただけで、ジュリエッタに続いて先週末また試乗してきました。


プジョーRCZです。
プジョーの車名は、普通は3桁または4桁の数字で表すのに対して、この車は珍しくアルファベットの車名です。
顔付きは見紛うことなきプジョー車ですが、スタイリッシュな2+2座クーペです。

d0054855_9455689.jpg


エンジンはBMWと共同開発した1.6Lターボ・エンジンで、国内で正規販売されるプジョー・シトロエン全車に搭載され、またBMW Miniや1erと同じものです。
(厳密にいうと、このガソリンエンジンはBMWの開発、同じ車に乗せるディーゼルエンジンはプジョーの開発なのかな)

RCZは、全長4,290×全幅1,845×全高1,360mmの2+2座クーペです。
全長と全高は306Cabrioletと似たり寄ったりですが、全幅は150mmも広いです。
デザインのためか、ドライバビリティーのためのトレッドを拡げたためか、張り出したフェンダーが広い全幅の要因なのでしょうね。

d0054855_9555919.jpg


いかにもクーペ然とした、リアのデザインの方が好きだな。
アルミ製という、ルーフサイドの骨格もいいですね。
2007年にショーモデルとして発表された308RCZでは、マフラーカッターはセンター出しだったそうですが、さすがに量産ではそうもいかなかったようです。

車高を低く抑えながら、パッセンジャーの頭上だけを張り上げた、ダブルバブルと呼ばれるデザインの屋根で、屋根だけでなくて、リアウインドウまでダブルバブルのラインがつながっているのが、とても凝っています。

d0054855_10125222.jpg


いざ試乗(More)
by okuruma1970 | 2012-02-26 22:38 | 試乗記 | Trackback | Comments(8)

Alfaromeo Giulietta

2年毎の車検(次は今年7月)の前になると、乗り換えようか、306Cabrioletを乗り続けようか、毎度のように考えて、個人的な試乗ブームが来ます。
というわけで、久々の試乗記です。


乗ってきたのは、Alfaromeo Giulietta(ジュリエッタ)。
実は先週のデビュー・フェアへ見に行ったのですが、試乗車が準備できておらず、今日「お待たせしました、試乗車の準備ができました」という電話をもらって、いそいそと出掛けたのでした。

Giuliettaはイタリアのメーカーであるアルファロメオの主力車種で、VWゴルフやプジョー308と同じクラスの5ドア・ハッチバック車です。
(リアのドアノブは、リア・ウインドウ後端のブラックアウト部にあります)
3サイズは、全長4,350×全幅1,800×全高1,460mm。

d0054855_19585354.jpg


この白い車は、高出力モデルのクアドリフォリオ・ヴェルデ。
235PSの1750ccターボエンジンに対して、車重は1,440kg。
ちょっと重いですが、パワーは十分。 
しかもトルクは30.6kg・m(ブーストアップ時34.7kg・m)とBoxsterより強力。

リアも特に速さを感じるデザインではないですが、ツイン・エギゾーストが、さりげなくヤル気を感じます。

d0054855_2061011.jpg


フロント・フェンダーには、グレード名のクアドリフォリオ(四つ葉のクローバー)のエンブレム。

d0054855_2011361.jpg


このクアドリフォリオ・ヴェルデは、6MTのみ。
シフトノブは、アルミ製の大きな球状のものでした。

d0054855_20121931.jpg


シフトノブの右奥にある銀色のスイッチは、D・N・Aの切り替えスイッチ。
D(ダイナミック)にすると、アクセルレスポンスが鋭くなって、ターボがブーストアップされ、電動パワステがクイックになるなど、乗り手をヤル気にさせるモードになるそうです(Nはノーマル、Aはオールウェザー)。

カタログモデルは右ハンドルのみ。
発売開始時に、クアドリフォリオ・ヴェルデに左ハンドル仕様が限定50台で発売されたものの、早々に売り切れたそうですが、インポーターは強いニーズを感じて、期間限定(今年4月末まで)で左ハンドルを受注するとのことでした。
【補追】2012.8に、左ハンドル仕様もカタログモデルに追加されたようです。PDF
ちなみに、お値段は388万円。

それでは試乗へ(More)
by okuruma1970 | 2012-02-11 22:31 | 試乗記 | Trackback(1) | Comments(3)

旨いもの記

しばらく空いてしまいましたが、ネタがなかっただけでボチボチやっています。
といいつつ、何かネタができたわけでもないので、年末年始の酔いどれ記の総括編を。


まずは、天ぷら。
チェーン店「つな八」の新宿東口にある総本店に行ってみました。
ランチで他のお店に行ったことはありましたが、ランチでも一気に出てくることなく、2・3品ずつ揚げ立てが供されるのですが、本店のカウンター席だったので、目の前で揚がったそばから供されてきました。
まずは、ヱビスとともにコースの海老。

d0054855_12115825.jpg


一番ベーシックなコースだったので、小振りな海老でしたが、サックリプリプリ。

同じくコースの穴子。
「宜しければ、サッパリした梅おろしでどうぞ」との言葉に、試してみました。
基本的にお子ちゃま味覚なので、大根おろしは苦手な私でしたが、本当にサッパリして、天つゆに溶かずに天ぷらに載せていただくならいいかも、と思ったのでした。

d0054855_12142685.jpg


追加で頼んだ、オリジナルという「牡蠣ピーマン」の天ぷら。
外はサックリ、ピーマンの歯ごたえもあって、牡蠣は柔らか、いい組み合わせでした。
その他にも、舞茸や白海老など何点か。

d0054855_12191926.jpg


最後は、コースのかき揚げを、ご飯に載せてミニかき揚げ丼にして出してもらいました(別々が基本のようですが、どちらか選べます)。
かき揚げとご飯にタレが浸みて、美味しかったです。

d0054855_12212328.jpg


お次は(More)
by okuruma1970 | 2012-02-05 13:20 | 酔いどれ記 | Trackback | Comments(5)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970