<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ハーフ・バースデー

もう1ヶ月も前になりますが、息子が産まれて半年経ちました。


何が忙しいわけでもなく、しばらく更新をサボってしまいましたが、ボチボチ元気にやっています。
(私は7月下旬に夏風邪を引いてしまいましたが・・・)


100日に続き、ハーフ・バースデーの記念写真もおむつを並べて撮影(笑)。

d0054855_7132876.jpg


ハーフ・バースデーの当日(7/15)は、お宮参りをした稲毛浅間神社で、子育てを祈願する夏の大祭が行なわれていたので、お参りに行ってきました。

d0054855_719395.jpg


その後、相方の実家におじゃまして、ケーキをいただきました。
ケーキ屋でチョコ・プレートに誕生日祝いの文字を書いてもらったものの、ロウソクは1歳のお誕生日までお預け(笑)。

d0054855_7222178.jpg


近況は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2013-07-15 20:04 | 親バカ | Trackback | Comments(7)

Alfaromeo Giulietta QV

VW Golf Ⅶに乗った足で、Alfaromeo Giuliettaにも乗ってきました。


Giulietta(ジュリエッタ)は、VW Golfと同じく全長4mあまりの5ドア車です。
(全長4,350×全幅1,800×全高1,460mm)
実は昨年2月のデビュー直後に試乗していたのですが、試乗できたのはスプリントというAT車(厳密には自動ツインクラッチ)でした。
Giuliettaについて、諸元や外観など詳しくは当時の試乗記をご覧ください。

その後、6MTのQV試乗車も入ったようでしたが、ようやく乗りに行けたのでした。
子供の相手は楽しいのですが、千葉の自宅にいると一人ではなかなか出歩けないので、出たときは一気に片付けないと(笑)。


さっそくGiulietta QVの試乗車とご対面。
ちなみにQVとは、Quadrifoglio Verde(クアドリフォリオ・ヴェルデ)の略語で、イタリア語で緑の四つ葉のクローバーを意味するそうです。
変速機は6MTで、235PSを発揮する1750ccターボエンジンを搭載しています。

d0054855_7201145.jpg


試乗車は右ハンドルでしたが、乗ってまず気付いたのは、酷いペダルレイアウト。
左足を置くスペースがないんです(写真が無くてすいません)。
 ※こちらのブログに写真が出ています。

以前の輸入車では、右ハンドル化の悪弊でペダルレイアウトが酷いという記事をよく見たものの、最近はほとんど見かけませんでしたが、こういうことなのかと始めて知った次第です。
もっとも、最近は2ペダルのAT車ばかりで、悪弊が目に付かないだけなのかも。

ただし、導入当初は限定車と受注生産だけだった左ハンドルも、今ではカタログモデルとして選べます。
「Giulietta QVに乗りたい」と思うなら、悪いことは言いません、左ハンドルは慣れるので、右ハンドルは止めた方がいいです。

一通りの変速が終わり巡航に移ると、左足の置き場に困りますが、クラッチのつながりに違和感はありませんでした。
ただ、アクセルペダルが一般的な吊りペダルではなくて、オルガン式なのか、なんかちょっと違和感がありました。
まぁBoxsterも最初は違和感を感じましたが、これは慣れるのでしょう。

シフトフィールも、ちょっと引っ掛かりがある割に遊びも多い、実用車レベルで、特に気持ちがいいというほどのものではありません。

d0054855_7385260.jpg


トルクは30.6kg・m/4,500rpmもあり、街中を走る分には十分。
ちょっと前が空いたところで、車の性格を切り替えるD・N・Aスイッチを「D」(ダイナミック)にして加速すると、オオッといい感じ。
「D」ではブーストアップが効き、トルクが太るのは記憶にありましたが、調べてみると13%アップの34.7kg・mが、1,900rpmという低回転から出るんです。
どおりで、下からトルク感があると思いました。

ただ、営業氏いわく「楽しいんですが、ずっと『D』にしておくと、燃費が・・・」とか。


ちょっとクネッた試乗路では、加速してからカーブに飛び込んでみましたが、そこそこ足は固められ、適度にロールしながら、すんなり走り抜けました。
天下のアルファのスポーツモデルですから、当たり前ですね。
「けっこうイケイケな運転されますね」と言われてしまいましたが・・・(苦笑)。
ホイールは18インチですが、ガチガチではないものの、街中では少々ゴツゴツ感じた場面もありました。


【いいところ】
 ・「D」でのトルク感
【イマイチなところ】
 ・ペダルレイアウト(右ハンドル)
 ・シフトフィール
【総評】
「D」でのトルク感は良かったけれど、前回も書いた通り、道楽車にしては普通すぎるところがネックでしょうかねぇ。ペダルレイアウトは左ハンドルを選べば解消されるのでしょうが、後述する仕様が盛り込めれば、もう一歩近づくかなぁ。

実はもう一つの目的が(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2013-07-07 09:06 | 試乗記 | Trackback | Comments(7)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970